oライン脱毛で後悔しないために、知っておきたい態勢や処理の進め方

デリケートゾーンであるOラインも、ほとんどのサロンでは、基本的にはスタッフ1名で担当します。

ここでは、Oライン脱毛をこれから初めるという方向けに、「後悔しないためにも最低限知っておきたい予備知識」について、まとめていきましたので、参考にして頂ければと思います♪


Oライン 脱毛時の体勢は??

Oラインを処理する際には、「うつ伏せの状態」か「四つん這い」の状態で、光を当てる方法が多いパターンだと思いますが、どちらにしても、クリスタルを当てにくい場所です。

そのため、光のショット数自体はさほど多くなくても、技術料金は、比較的に高めの設定にしているサロンが多いです。


Oラインの処理範囲としては、「うつ伏せ時に見える範囲まで」と、割とざっくりとしていて、ヒップとOラインの堺目も、ほぼ適当に決めていると言っても、過言ではありません。

よって、サロンごと、スタッフごとに、照射範囲などが変わってくる可能性があり、ムラが出てしまう事も考えられますんで、心配な方は、事前にきちんと確認しておいた方が無難かも知れませんね。


Oライン 処理の進め方は?

実際に脱毛を行う際には、紙ショーツはおろされ、脱いだ状態で、光の照射を進めていきます。

ただでさえ当てにくい箇所ですので、担当のスタッフは1人で片手で皮膚を伸ばしながら、そして、もう一方の手で機械をもってクリスタルを当てていきます。

お尻に力を入れすぎていては、奥のギリギリの範囲には光が当たりませんので、難しいかと思いますが、力を抜いて担当のスタッフに任せるのがポイントです。


またIライン同様に、施術前にはトイレに行き、綺麗に汚れの拭き取りをして、何もついていない綺麗な状態で、スタッフに任せましょう。

お互いが最低限ら失礼の無いように、気持ちよくスムーズに施術を行えるようにしましょう。

衛生状態が良いお客様ですと特に、しっかりと細部まで光を当てて貰うことができ、より効果にも満足頂けるかと思います。


Oライン 生理に関する事

Oラインも生理中は施術が出来ませんので、予約時は生理の周期には注意しましょう。

また、こちらの箇所も生理中のムレを防ぎ、匂いも抑えることが出来ますし、拭き取りが楽になる事で、衛生状態を良い状態に保つことが出来て、気持ちの良い日々を過ごせると人気が高まっています。


Oライン 脱毛で恥ずかしい事が無いように・・・

VIラインは、前日に自分自身で剃って準備をしますが、Oラインは手が届かないこともあり、当日に担当のスタッフが剃毛する場合が多い箇所です。

VIラインは脱毛施術をしている方が多くいらっしゃいますが、Oラインのみ脱毛施術をしないと、Oライン部分のみシッポが、生えているように毛が残ってしまいますので、見た目も変な状態です。

可能であれば、デリケートゾーンであるVIOラインは1度にまとめて施術を行うと、照射漏れも少なく、左右のバランスや境界線の脱毛箇所も、形が整ってキレイに見えますよ♪


[char no=”1″ char=”管理人Mika”] O脱毛処理に後悔しないためにまとめ
  1. Oラインは、VI脱毛と同様に、衛生面から見ても今注目、人気の高まっている部位です。
  2. 施術の体制は、ちょっと恥ずかしいけど、施術しないでいると、しっぽが生えたように見える事もあり、恥ずかしい思いをするかも知れませんよ♪
[/char]

どこで脱毛しようかな?と迷ったら・・

医療脱毛ならアリシアクリニック♪
2ヶ月実質0円!その後も月額9,500円で本格的な医療脱毛が出来る事で有名です♪
脱毛サロンはじめるならミュゼプラチナム♪
両ワキをキレイに、出来るだけ安く済ませたい!という方向けにおすすめのミュゼプラチナム