全身脱毛は痛いもの?

プロの手による脱毛は、自己処理によるムダ毛のお手入れを卒業したい女子たちにとって、ぜひとも受けたい施術の一つです。

しかし、そこで実際に受けるかどうかでネックとなるのが、まず費用のことであり、その道のプロとはいえ他人に見られることへの恥ずかしさがありますね。

そして次に気がかりとなるのは「痛み」
に関すること。
施術は痛いんだろうか?それに耐えられるんだろうか?・・・とあれこれ思ってしまうんですね(^^;)

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_s


特に脱毛範囲が全身ともなると、いろいろ痛いと感じるところもあるようで、どのくらいの痛みなのか?それに自分は耐えられるのか?と不安になることもあるのではないでしょうか?


ゆえに、今どきの脱毛事情では「痛い」と感じることがあるのかどうか、全身脱毛をする場合の各部位で比較しながら痛みに関する情報をまとめてみたいと思います( `ー´)ノ

医療脱毛で行う全身脱毛は痛い!?

プロの手による脱毛には、再三ご紹介しているように、エステサロンで行われる光脱毛と医療機関で行われるレーザー脱毛があります。

そして、医療レーザー脱毛といえば「痛い」というのが一般的なイメージとなっていますよね(#^.^#)
しかし、ここ近年の美容業界の技術進歩は目を見張るものがあり、脱毛においてもレーザー機器がどんどん進化していっているのが現状なのです。
Young woman receiving epilation laser treatment

「無痛」とまでいわれるレーザー機器の新機種

かつて、医療脱毛のレーザー機器はアレキサンドライトレーザーが主流でした。
今も、クリニックで最も多く使われている機種が、このアレキサンドライトレーザーと言われていますよね。


このアレキサンドライトレーザーは、冷却風や冷却ガスを皮膚に吹き付け、冷却しながらレーザーを照射することができる機種で、痛みが軽減されるといわれてはいるのですが、ゴムで強めにパチンと弾いたような痛みは感じられてしまいます(>_<)


この痛みをある人は「それほど痛くない」といい、また別のある人は「痛くてたまらない」というわけです。

また、日焼けをした肌(もちろん程度によりますが)など色素の多い肌の脱毛に適しているYAGレーザーという機種も痛みが強めといわれています。

だいたい、この2機種がを用いた施術が「痛い医療脱毛」を印象付けている感じですね(#^.^#)


これに対し、最近主流になりつつあるのが「ダイオードレーザー」です♪

このダイオードレーザーを使用した施術は「痛みが少ない脱毛」と言われており、最近特に人気がありますね。


例えば、医療脱毛で「無痛」とまでいわれているのが、ダイオードレーザーの最新機種「ライトシェア・デュエット」

このライトシェア・デュエットは、冷却板が照射口に併設されているので、照射時に冷却ジェルを使用しなくていいほか、肌を吸引しながらレーザーを照射するため、あまり痛みを感じないのが特徴的なのです(#^.^#)


実際、私も全身脱毛 医療で詳しくご紹介しているように、アリシアクリニックでこのライトシェア・デュエットによる施術を体験してきたのですが、本当に痛くないです!

まさに「無痛」といってもいいくらい。
痛みではなく、ほんのりとした温かさを感じる程度だったんです(#^.^#)


それくらい今の医療脱毛は、機種さえ選べばまさに「無痛」で施術が受けられます。
全身の脱毛もそれなら苦痛はかなり軽減されると思われますね。

ミュゼで行なう全身脱毛も痛い!?

では、痛くない脱毛といえば「エステ脱毛」なのですが、本当に痛みはないのでしょうか?

というのも、実は人気脱毛サロンのミュゼをインターネットで口コミを調べると、「痛かった」という感想もかなりみられるのです( ゚Д゚)!
出力を抑えた光脱毛であるにもかかわらず、どうしてミュゼは「痛い」と書かれることがあるのでしょうか?


それは、やはり「痛み」自体がそもそも主観によるものだからです。
感じ方には個人差があるため、同じ施術を受けても「痛い」と感じる人もいれば、「痛くない」と感じる人もいるということですね。


ゆえに、ミュゼだけがエステ脱毛の中でも痛い脱毛というわけではありません。
この主観による感覚の違いは、どのサロンにおいても言えることですね(#^.^#)


また、受けた部位の違いによって「痛い」という感想が持たれた可能性も考えられます。

これはエステ脱毛でも医療脱毛でもいえることですが、脱毛部位によって痛みの感じ方も結構異なりますので、全身脱毛を受ける際には、どの部位が痛みが強くて、どの部位が痛くないのか把握しておくと不安に思うこともないかもしれませんね(#^.^#)


全身脱毛でレーザー照射が痛い部位はどこ?

では、痛みを感じやすい医療脱毛では、全身を施術する際、どこを照射するときに痛みを強く感じるのでしょうか?

痛みを強く感じる部位

レーザーを照射されて痛みを強く感じる部位には、次のような特徴のあるところがあげられます。

  • 太く硬い毛が多く密集している部位
  • 皮膚が薄い部位
このような特徴を持つ部位とは、VIOや膝、顔、そして男性のヒゲといわれています。

特にVIOの中でもIラインが痛みが強いようですね。
そのため、クリニックで行われる医療脱毛では、Iラインの脱毛の時に多くの人が麻酔を希望するといわれています。

医療脱毛であれば、この麻酔が可能なので、痛みが強く感じられる部位の施術の際もそれほど不安に思う必要なないですよ(#^.^#)


感じる痛みが弱い部位

逆に、「あまり痛くない」と感じる部位とはどこなのでしょうか?

  • 毛が細くて柔らかい部位
  • 毛の密集度が低い部位
  • 皮膚が厚めの部位

具体的な部位でいえば、腕や指毛、手足の高部分。
これらの部位は感じる痛みが弱めといわれていますので、施術の際もそれほど怖がる必要はないですね(#^.^#)


このように、部位によっても「痛い」と感じる場合と、「痛くない」と感じる場合があります。
でも、その「痛い」と感じやすい部位でさえ、レーザー機器の進歩により感じる痛みは確実に弱くなってきていますので、心配されることはないと思いますよ♪

脱毛効果もエステ脱毛とは比較にならないくらい高いので、本気で脱毛したい人は受けてみていただきたいなと思います(*^-^*)

どこで脱毛しようかな?と迷ったら・・

医療脱毛ならアリシアクリニック♪
2ヶ月実質0円!その後も月額9,500円で本格的な医療脱毛が出来る事で有名です♪
脱毛サロンはじめるならミュゼプラチナム♪
両ワキをキレイに、出来るだけ安く済ませたい!という方向けにおすすめのミュゼプラチナム